Facebook Twitter
entertainment--directory.com

抽象芸術とその未来

投稿日: 10月 8, 2023、投稿者: Jonah Krochmal

Precisionは現実ではない、とHenri Mattisseは素晴らしいアーティストだと述べた。 したがって、正確さを求めることが始まり、信頼性が闘争されます。

アートでは、すべてが正確です。 それは簡単なスケールで芸術の真正性を説明しています。 しかし、アートは正確さを運ぶ必要はありません。 理由 - 明確なルールは絶対にありません。 芸術のガイドラインは、アーティストの想像力、彼がどのように夢を前進させるか、彼が彼らの心にどのような形を与えるか、そして彼がどのように塗料に浸したブラシでキャンバスに理論を再現するかにかかっています。

アブストラクトアートは本当に芸術の一種です。 名前が説明されているため、絵画はその下に来ることは本質的に抽象的です。 それは本当に想像力豊かな心の明確な表現であるが、それは何にもリンクされていない、非表現ではない。 抽象的なアートは、基本的に2つのタイプに直接分けることができます。

(@)比ur的な抽象(@@)

(@)感情的抽象(@@)

という名前が示すように、比figu的表現は象徴的かもしれません アーティストが概念化する方法での状況やアイデアの表現。 彼らは不必要な詳細を避けることで現実を単純化しています。 エッセンスは使用するために残されています。 感情的な抽象化は、感情、精神性、または声の表現かもしれません。

動き

抽象絵画の動きは、ニューヨークの40代半ばに現れました。 それは徐々にアメリカの芸術で重要性を獲得しました。 ジェームズ・マクニエルのような芸術家が、オブジェクトの描写とは対照的に、視覚感覚を表す際に色の調和のとれた配置を信じ始めたとき、抽象化は顕著になり始めました。

後のアーティストはこのムーブメントを使用したため、抽象絵画が非常に重要になりました。 アーティストは、アーティストの作品はそれを明らかにするのではなく、謎を深めることであると信じていました。 抽象化では、概念のみが改善しました。 理論の背後にある本質的なアイデアはまったく同じです。 スティーブン・ライトはかつて抽象絵画についてコメントしました。彼は絵画、ブラシ、キャンバスのない大量の抽象絵画を演奏していましたが、単に多くの考えによって。

Abstract Expressionism

これは、アーティストが詳細を見下ろすことなく、キャンバスに塗料を急速に適用し、したがって感情や感情を示す動きである可能性があります。 キャンバス。 抽象的な画家の作品は、急いでいる感覚と、リスクやキャンバスに塗料を適用する可能性などの生活状況の介入を示しました。

一部の抽象アーティストは、主題の素材の神秘的な方法さえ取りましたが、キャンバスでの目的と意図を明確に定義することによってもとっています。 抽象的な表現主義の画家は、創造性の自発性と、広範かつ大きな規模のキャンバス上のこの流れの表現に依存していると一般に信じられていました。 絵画への表現力のあるアプローチは重要であると考えられていました。

抽象的な表現主義は1つのトピックに集中しませんでした。 むしろ、それは多くのテーマやスタイルに集中していました。 それは多くのアイデアに集中しました。 抽象的な表現主義の芸術家は、個性と自発的な発明性を評価しました。

抽象的な表現主義者として呼ばれるようになった画家は、Revoltの精神を特徴とするOutlook

を共有しました。 抽象表現主義の動き

は、2つ

(@)アクションペインティング(@@)

[@)カラーフィールドペインティング(@@に分割できます。 )

アクションペインティング

アクションペインティングはシュルレアリスムに関連しています。それは、視覚芸術と文学の動きであり、ヨーロッパで世界大戦IとIIの間で人気になりました。 。 肯定的な表現を強調しました。 エッセンスを備えたポロックジャクソンのようなアーティストは、シュールレアリスムを形成し、キャンバスに塗料を滴る技術を採用した最も一般的な絵画の種類とは異なる方法を暗示しました。 ブラシではなく、棒とナイフを使用して写真を制御しました。 この種の絵画は、アクションペインティングと呼ばれ始めています。

カラーフィールドペインティング

この抽象的な芸術運動は1960年代にのみ始まりました。 一種の抽象的な表現主義であるカラーフィールド絵画は、キャンバス全体で固体色の使用を採用しており、叙情的または大気色の色の影響が大規模なキャンバスで観察されました。 カラーフィールドアーティストの美学は、本当に知的な美学でした。 彼らは2次元空間を処理し、その色調は変調とは異なりました。

抽象的な表現主義は、その大きなフレームワーク内で提示されました。これは、簡単に識別できない文体的な多様性です。 多くのアーティストは、抽象的な表現主義的な絵画でさまざまなタイプの絵画を探りました。 ここでは、ブラシストローク、テクスチャ、表面の品質にもっと注意が払われました。

したがって、抽象的なアートは非常に重要になりました。 Wassily Kandinskyは、抽象絵画のパパとして知られるようになりました。 カンディンスキーの道をたどった他のアーティストは、カシミール・マレビッチ、ラウル・デュフィー、ポール・クリー、フアン・グリス、ピエト・モンドリアンでした。 したがって、抽象的な絵画は、方法で芸術を適切に実行するために知的トーンを持っていることに広がっています。

抽象絵画の未来

景観、花の芸術、人々、そしてただの感情について行われた抽象絵画の完璧な歴史があります。 可能性のある抽象的な芸術は、幅広いキャンバスで成長しましたが、あいまいです。 Wassily KandinskyやPiet Mondrainのようなアーティストは、審美的によく発達したキャンバス内の真新しいタイプの芸術を表す新しい概念とアイデアに含まれていました。

アクションペインティングやカラーフィールドペインティングなどの通常採用されているテクニックから好きなように、間違いなくシフトがあります。 新しいフォームには、神経科学的な絵画で確立することを覚えているかもしれないスタイルで形状が必要です。

絵画のより多くのツールの発明と、新しい方法が採用されているため、抽象的な絵画は今後の将来に多くの変更を受けます。 おそらく、フォームは別の形をとり、アイデアは近代化され、新鮮な考えが採用される可能性があります。 しかし、抽象化である概念の背後にある基本的なアイデアは決して変わりません。

偉大な画家には、彼が彼の芸術で採用している絵画のみが1つしかありません。 彼は自分の芸術に感謝し、批判します。 誰もいないからですが、彼は彼の仕事の巨大さを理解することができるので、彼の落とし穴もそうです。

Abstract Artには、曖昧な事実にもかかわらず、間違いなく別の明るい、カラフルなものがあります。 エドガーが言うように、「絵画は少し謎、曖昧さ、そしていくつかのファンタジーを取ります。あなたは常にあなたの意味を完全に明白にしたら、退屈な人々に巻き込まれます。」