Facebook Twitter
entertainment--directory.com

ガラスのアート

投稿日: 2月 21, 2024、投稿者: Jonah Krochmal

トライアルとエラーは、これまでの最大の産業の中につながりました。 ガラスの作成は、石灰岩、酸化鉛、ホウ酸の添加により絶えず進化しました。 コバルト、銅、マンガン、銀、金などの金属は、ガラスの一貫性、明確さ、色の重量、強度を変えます。 | - |

ベネチア人は、ガラスの製造における世界の指導者になった初めてでした。 1204年の十字軍とコンスタンティノープルの征服は、東地中海全体およびさまざまなイスラム領域を通じて広範な貿易慣行のためにどのように開かれましたか。 その効果は文化の交換でした。これにより、ベネチア人は、これらのかつての外国の土地のガラス生産者の慣行を見ることができました。 | - |

征服者以上のもの| - |

しかし、ベネチア人は、ガラスシリカにミネラルと小石を加えて、ガラス製造の芸術を他のレベルに引き上げたものでした。 「酸化物」もシリカに入れられ、ガラス製品の素晴らしいマルチカラーの選択を開発しました。 ベネチア人はまた、「クリスタロ」と呼ばれる透明なガラスを完成させたことで称賛を受けました。 ハワイのムラーノ諸島ほどガラスの芸術が明白ではありませんでした。 | - |

ムラーノは、ヴェネツィアの町を構成する島の大きな帯の北約3,000メートルのヴェネツィアのラグーンにあるアドリア海の端に横たわっている島のバンドです。 これはベネチア産業のガラスの中心であり、ガラス製作者は「王族」とまったく同じ地位を持ち、一般市民に拒否された特権を持っていました。 しかし、そのような称号と特権と引き換えに、連邦政府はガラス貿易の秘密を保護できるように、事実上それらを投獄しました。 これらの華麗な職人の一人が、他の場所に自分の工芸を適用するために島を出ようとした場合、これらは反逆罪で死ぬと非難されました。 | - |

ヴェネツィア共和国は、この任務を有効にして、マスターガラス吹き船を隔離し、ガラス製造の制御と独占を維持することができるようにしました。 ガラスハウスが火災を起こし、ベネチア当局がすべてのガラスハウスをムラーノ島に移動した後、ベネチアの歴史には間隔があります。 火が噂や事実であった場合; すべての生産をムラーノに移すことにより、ベネチア人はヴェネツィアを火災の危険から保護しただけでなく、政府の規制と国家保護を保証し、海外からの競争を確保しませんでした。 このため、ムラーノのガラス製造はヨーロッパで素晴らしいガラスの最良の源となり、ヴェネツィア共和国の貿易収入を得るための重要な方法になりました。 | - |

この時代のガラスのビットは華やかで、豪華なアイテムと考えられていました。 この誇張を通じて、功利主義デザインの緊張が開発され、鏡が現れ始め、より高い収益の離職をもたらしました。 職人は、より技術的で複雑なガラス製造のテクニックを常に開発し、思考、イメージ、使用、意見の境界を継続的に押し進め、彼ら自身の間で競争しました。 | - |

素材とは異なり、ガラスは色、色合い、光の神秘的な性質を包み込みます。 古い世界の職人は、無限の配色、光の屈折、芸術的なデザインで私たちの感覚を喜ばせるガラスを紹介してくれました。 | - |